医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

初めてご来院の患者様へ

こんな悩みでお困りの方へ

HOME >  初めてのご来院の患者様へ  > こんな悩みでお困りの方へ
  • こんな悩みでお困りの方へ

    今までにお問い合わせいただいたご質問と回答です。
    ご覧いただいている方のお悩みにご参考なれば幸いです。
    ご不明点がございましたら、お気軽にお電話にてお問い合わせください。

Q&A

今まで何ともなかったのに、何故、スギ花粉になったのでしょうか?


日本人の30~40%の方は、何らかのアレルギー疾患を持っていると言われています。

お風呂を想像してみてください。大きな湯船もあれば、小さな湯船もありますね。
蛇口をひねると、風呂桶に水が溜まっていきますね。溜まる人をアレルギー体質だと考えてください。

たくさん花粉が飛んだ年は、水がたくさん溜まります。風呂桶に一杯にならないと症状は出て(発症)きません。
でも、ある年になると、ついに風呂桶から水が溢れてきますね。この年が、スギ花粉症デビューとなります。

従いまして、一度一杯になった風呂桶に、また蛇口から水が入ると溢れるように、翌年花粉が飛んでくると、
また花粉症の症状が出てしまうのです。

では、一度、花粉症になった人は、ずっと花粉症が治らないのでしょうか?

医者の教科書には、治らないと書いてあります。
しかし、父の代から長い間、患者様を診ていましたら、きちんと治療をしていた患者様は、ある程度の年月(10年~といった期間)が経つと症状が非常に軽くなることに気付きました。

それに対して、放置していた患者様は、別の原因のアレルギー性鼻炎になり、症状の出る期間が長くなり、程度も酷くなることが多いです。
そればかりか、蓄膿症や鼻茸(ポリープ)になったり、人によっては気管支喘息を合併したりする方もいらっしゃいます。
特に、花粉と黄砂が酷かった2011年は、そういった患者様が多かったです。
どんな病気もそうですが、放置してこじらせてからよりも、早めに治療した方が、楽ですし、結局早く治ることになりますね(^^)

ダニが主抗原となるハウスダストが原因の通年性のアレルギー性鼻炎は、1年中、風呂に水が溜まるので、早く一杯になります。
すなわち、早い時期に(幼児期)に発症しますが、スギ花粉の場合は季節毎に飛んでくる(溜まるので)、大人になってから発症するのです。

お問い合わせはお電話にて