医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

2020/10/06  越前 戸ノ口の傘  



ひょんな事から、司馬遼太郎さんの『覇王の家』を読みました。
徳川家康の壮年期を描いた本です。

家康を描いた本は、山岡荘八さんのなど読んではいたのですが、司馬さんの家康は
「等身大の人」として面白く、また、三河人と特性も興味深い記述で、楽しめました。

もう少し、司馬遼太郎さんの徳川家康を読んでみたくて、『関が原』を読んでいます。

中巻で、徳川家康が上杉討伐に向かう情景で『越前戸の口産の傘』をかぶって愛馬に揺ら
れて、という記述がありました。

昨日、鯖江の戸の口から通院して来られる患者さんに、その話をしましたら、吃驚して
しまいました。

なんと、その方が戸の口でただ一人の傘の生産者だったのです。

おっしゃられるのには、「昔は、農家の手仕事して作られていたのですが、今では私だけ
になってしまいました。真竹を割くところからやっています。定年後に始めたのですが」という
事でした。

ちょうど、医院の向かいにある仏具屋さん(永平寺御用達)に、お坊さんがかぶる傘を納めに
来るそうで、大事に使えば一生持つそうです。

使い棄ての時代に考えさせられる出来事でした。

295823
1256285 25:756 aki   21

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。
お問い合わせはお電話にて