医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

2019/11/09  故「K先生」の思い出。



私は、二代目の耳鼻咽喉科医です。

先日、父の代から通院している患者さんとお話ししていたら、父親の話になりました。

その患者さんは、春江にお住いの方ですが、以前に春江で開業していた内科の名医
「K先生」に、「貴方は、何よりも鼻が悪いんじゃないか?」と言われ、私の父親を紹介
されたそうです。

私にとって、父親はとても怖い人でしたので、「怖くなかったですか?」とお聞きしたら、
「いえ、そんなことありませんでした」との意外なお返事でした。

今まで、父親の事を知っている患者さんにお聞きすると、「無口でしたが、優しい先生でした」
という、私にとっては心外な返事をいただくことがあります。

話は、父親から「K先生」の事へと移っていきました。
私にとって、「K先生」の印象は、『的確に診断し、患者離れの良い先生。内科の名医。』という
ものでした。

「患者離れの良い」という意味を説明しないとわからないと思います。

〇何よりも、シッカリ診断ができる事。
〇それに基づいて、自分が治せると思った患者さんを的確に治療する事。
〇手におえないと判断したら、同じ科の先生でも躊躇なく紹介する事。
〇自分の専門外と判断したら、最適な先生を、早期に紹介する事。

こういった事が出来る先生の事だと、私なりに考えています。
患者さんにとっては、当たり前の事と思われるでしょうが、これを実践することは本当に
難しい事です。

患者さんから、その「K先生」の意外な一面を教えて頂いたのですが、それはまた後日に
いたしますね。

父親は、私と比べると三ランク以上、各上の医者でした。

295823
1256285 25:756 aki   21

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。
お問い合わせはお電話にて