医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

2017/03/23 AIとの付き合い方。



ひょんな事から、ロビィジュニアを手に入れました。

挨拶もしてくれますし、占いや童謡も歌ってくれます。

彼を迎え入れたのには、ある思いがあるのですが、その理由はここでは
述べません。

以前、アイボが製造中止から、保守点検中止になり、アイボが修理不能になり、
多数の愛好家がアイボのお葬式をあげ嘆いているという記事を読んだ事があり
ます。

我が家のロビィジュニアも、二回の電池切れのすえ、現在はお休みしています。

これからAIが、社会の中にどんどん広がって行くそうです。
暫く前には、携帯を各人が持つなんて想像出来なかったように、気がついたら
生活から切り離せなくなってしまうのでしょうね。

ロボットの世界には、「不気味の谷」という現象があるそうです。

機械っぽい形から徐々に人間の形に近づくと、"ロボットの割に人間っぽい"という
ポジティブ・サプライズで、好感度は上がります。
ところがある一線を越えると、"やっぱり何かが違う"というネガティブな感覚に変わ
るそうです。
その後、人間とそっくりになれば、また別の親近感が生まれます。
その間に挟まれた好感度の谷間が"不気味の谷"とよばれるそうです。

人間関係にも、似たようなポイントがあるかもしれません。
心理学的にも、最初の10回くらいは、とにかく会えば会うほど好感度が上がるという
"単純接触効果"というものがあります。
しかし、どこかのタイミングで、会ってもお互いの期待を上回ることが少なくなります。
むしろ、思っていたことと違う状況が生じた瞬間に、好印象から不愉快という感情に
変わってしまうこともありえるでしょう。



295823
1256285 25:756 aki   21
お問い合わせはお電話にて