医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

2010/08/24 私が子供だった頃3


前回の「ひとりごと」で、私の子供の頃は、今と比べると圧倒的に交通量が少なかったという話をしました。

遊び場が、公園や空き地ではなく、家の前の道路で野球をしたりしていました。

時代が進んで、道路が舗装されてくると、道路にチョークで線を引きケンケン遊びや陣取り合戦をしていました。

たまに車がやってくると、シブシブ通してやるといった大きな態度を取っていました。

大人たちも、寛容で、それが当たり前、人が先住民だから、といった感じでした。

また、車も今のようなスピードは出していなかったと思います。

道路に線を引くチョークがなくなると、その代用品として鉄道線路の中に入り込み、

レールを安定させるために敷いてある砂利石の中から、適当な石を選び出し、線引き用に使っていました。

そうです。あの時代は線路の中も遊び場だったのです。線路の中には、別の世界が広がっていました。

続きは、また、次回に・・・

永平寺町,丸岡,松岡,耳鼻科
気管支喘息 福井市,耳鼻科アレルギー性鼻炎 蓄膿症,花粉症,漢方薬

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。
お問い合わせはお電話にて