医療法人 石黒耳鼻咽喉科医院

アレルギー性鼻炎、漢方薬は福井市の石黒耳鼻咽喉科医院へ

インフォメーション

2020/07/28  「六十の手習」を始めてみる。  



ずっと積読状態だった、白洲昌子さんの『私の百人一首』を開いてみました。

序文に
「昔、私の友人が、こういうことをいったのを覚えている。
六十の手習いとは、六十歳に達して、あたらしいものをはじめることではない。
若い時から手がけて来た事を、老年になって、最初からやり直すことをいうのだと。」
と書いてありました。

私がこの本を書店で選んだ時、いつか、もう一度百人一首を読んでみたいと思ったので
しょう。

小学校の時、担任の先生が好きで「百人一首の競技カルタ」をした事があります。
私は上手な方でしたが、例によって、クラスで一番にはなれませんでした。

先生の勧めで、「各人の一番好きな歌を決めましょう。」
「その札を、自分の得意札にして、読まれたら必ずとれるようにしましょう。」という
事になりました。

なかなか子供の競争心をくすぐる、機微を捕らえた教え方ですね。

各人が重ならないようにと言われ、皆で相談して決める事になりました。
ここでも、例によって、あぶれてしまい「紀友則」を得意札とする事となったのを、
いま思い出しました。

毎日、一首ずつを読もうと思いながら、まだ七首しか読めていません。

最近始めた手習いが、もう一つありますが、それは次回に。

295823
1256285 25:756 aki   21

院長のひとりごと

HOME >  インフォメーション  > 院長のひとりごと
  • 院長のひとりごと

    ここでは私が日々体験したことや感じたことなど、診療に関係する以外のことも書いています。
    不定期ですが、随時更新していきますのでよろしくお願いします。

    記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。

院長のひとりごと

※ 記事の続きは、記事の見出しか、右の詳細ボタンをクリックしていただくと見ることができます。
お問い合わせはお電話にて